シティ・タワー診療所 | 岐阜市橋本町の内科、小児科です。外来診療その他、訪問診療にも対応いたします。

MENU
ご予約・お問い合わせ Tel.058-269-3270

〒500-8856
岐阜県岐阜市橋本町2丁目52番地
岐阜シティ・タワー43 3階

在宅医療

当院の在宅診療について

在宅患者さまのイメージ
通院が困難な患者さま、がん患者さまの他、小児の在宅医療も行っています
握手している医師
多くの病院さまと連携し、スムーズな在宅医療への移行を行っています
訪問看護ステーションのイメージ
約20の訪問看護ステーションさま、約40の居宅介護支援事業者さまと連携しています

1.ポリシー

・病気や障がい等で通院困難な方に対して、ご自宅に伺い診療を行う「訪問診療」に力を入れて取り組んでいます。
・休日、夜間の緊急の往診対応も行い、24時間365日安心していただけるよう尽力いたします。

2.診療範囲

シティタワー43より半径5km程度を目安としております。もちろんこれ以外の地区の方もお気軽にご相談ください。

診療範囲の地図

3.診療案内

(1)在宅ターミナルケア・在宅での看取り
(2)経管栄養の管理(経鼻、胃瘻、腸瘻経管栄養)
(3)点滴・注射の管理(中心静脈栄養、末梢静脈栄養、インスリン自己注射)
(4)呼吸管理(気管切開後の管理、人工呼吸器、NIPPV、在宅での血液ガス分析)
(5)排尿管理(尿道カテーテル、人工膀胱、腎瘻)
(6)排便管理(人工肛門)
(7)麻薬等の使用による緩和ケア(麻薬処方、鎮痛薬の持続皮下注射)
(8)在宅での処置(腹水穿刺、胸水穿刺、褥瘡処置)
(9)脳卒中、認知症、心不全、呼吸不全、腎不全、神経疾患、糖尿病重度の患者さまのケア
(10)小児の在宅医療(成人移行後も含む)
(11)その他疾患、障がい等により通院困難な方の訪問診療

4.在宅診療までの流れ

在宅診療までの流れ

在宅診療までの流れ

  • FAXについて、各施設独自の形式を直接使用していただいても構いません。その際には「患者さまの概要、担当者さまのご芳名・ご連絡先」をご記入ください。
  • 医師への面談、在宅医療担当者会議も随時行っております。お気軽にお問い合わせください。

5.連携タイム

月~金曜 12:30~13:30

各事業者さまとの連携を図るため、「連携タイム」を設けております。
医師との面談を希望される方はどなたでも結構です。
介護プランの相談や病気の見通しなど、ご相談がございましたらお電話で予約の上、お気軽にお越しください。

小児在宅医療・療育について

2014年より小児の在宅医療を行っております。小児期(0歳も含む)において人工呼吸器や気管切開、胃瘻などの医療的処置のある方や、小児期の疾患を罹患したまま成長し成人期に移行された方・されつつある方に対して在宅医療を実施しております。

小児在宅医療

1.小児在宅医療・療育に対する当院のポリシー

重症心身障がい児者にとって、病気のことは病院の先生に対応してもらうから、在宅の医師にはどんな役割があるの?という質問が時々聞かれます。その時私はこのように応えます。
・確かに各種治療(心臓病や重度のてんかんなど)は医師の治療が必要です。
・私たち在宅医療の医師は、その病気の分野に対応できる先生につなげる役割と、その先生の意見を統合して家族と一緒に悩み、一緒に答えを見つける作業を行います。
・そして数カ月、数年後の見通しをもって、いま行うべき治療や「子育て」が何かを家族とともに一緒に考えます。
・特に「子育て」という概念を第一に考え、子供にとって通園・通学することの重要性やその安全性の確保を大切にし、子供が成長できる環境を整えていくことを重要視します。
こういったことを医師の視点から家族とともに悩み、喜び、そして一緒に成長していける医療を提供したいと思っております。また「子供は成長する。その子育ての一環として医療的なケアを安全に・安心して過ごせるように」という療育の視点で在宅生活を支援していきたいと思います。

2.在宅医療でできること

(1)医療処置

・自宅での胃瘻交換や気管カニューレ交換
・皮膚トラブルや下痢、便秘などのトラブルの対応
・予防接種も行います

(2)緊急時の対応

・緊急時の往診対応や電話連絡
・病院搬送・連絡・連携
*24時間365日の緊急対応を実施しております。
緊急で病院に受診したほうがいいのか?それとも当院で往診して重症度を判定し、自宅療養でいいのか病院に緊急受診すべきか?を対応します。
緊急時にはアデノウイルス、インフルエンザウイルス、溶連菌の迅速検査の実施と、採血を実施し白血球・CRPを測定し感染症の有無や重症度を判断します。

(3)家族のケア・多職種連携・療育

ご自宅でお子さまとの貴重な時間が快適になるようにお手伝いしております。
特に「子育て」という概念をモットーに、医療処置に追われない生活を目指し在宅療養を支援します。
訪問看護ステーション、相談支援員さま、教育関係の方々と協力しお子さまの能力が発揮できるように支援をしていきます。

3.小児在宅医療・療育のお問い合わせについて

在宅診療をご希望の方はお電話にてご連絡をお願いします(058-269-3270)。
「私の場合、在宅医療の適応になるの?」といった疑問でも結構ですので、お気軽にご連絡ください。
もちろん当院の在宅医療・療育を実施しても病院の通院が途絶えることはありません。

4.小児在宅医療については下記のパンフレットにまとめました。

小児在宅医療についてお聞きになりたい方、パンフレットご希望の方は当院までご連絡ください。

【お子さまのための在宅医療】

本論文が2018年8月に投稿されました。21カ月間の小児在宅医療患者の緊急対応例の実態調査を行い、緊急搬送例、主訴、入院率などを調べました。
また成人の在宅医療との比較を行い、小児在宅医療における在宅医療の医師の役割について考察しました。
ご興味のある方はぜひご覧ください。

お子さまのための在宅医療

原著:お子さまのための在宅医療
著者:島﨑亮司
月刊地域医学 Vol.32 No.8 2018  678-685

【在宅医療 書籍のご案内】

2018年5月12日に在宅医療における排尿管理、排泄ケアに対する書籍を編著しました。
在宅療養している患者さまの排尿トラブルに対して何かできないか?
という思いから排泄ケアの勉強をしました。その時に出会ったのが今回共同編者の浜田きよ子氏でした。そこでおむつフィッター2級の資格を取得をし、排泄トラブルへの対応法を勉強しました。
今回その時にお世話になった方々をはじめ、排泄に関わる医師にも執筆を依頼し、排泄に関わる知識を詰め込んだ内容の書籍を完成することができました。
医師や看護師はもちろん、在宅医療に関わる医療福祉職の皆さまでも通読いただける内容となっております。
ぜひご活用ください。

在宅医療における排尿管理、排泄ケアに対する書籍

書籍名 在宅医療の排尿管理と排泄ケア
出版社 南山堂
編著者 島﨑亮司 浜田きよ子